別れさせ屋コラム 工作員は体を使うのか

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

別れさせ屋は肉体関係を使用するのか

■別れさせ屋フリーダム所属工作員S

別れさせ屋というと、肉体関係を用いて分かりやすい既成事実を作り、それをもって別れさせるというイメージを抱いている方がいらっしゃいます。 しかし、多くの別れさせ屋が、実際に肉体関係を使っているということはないのです。

コラム第15回はフリーダム工作員のSが「別れさせ屋は肉体関係を使用するのか」というテーマにて担当させていただきます。

普通の別れさせ屋は肉体関係を使わない

大半の別れさせ屋は肉体関係を使いません

率直に申しまして、大半の別れさせ屋の工作員は各種工作において肉体関係を用いることはありません。

何故かと申しますと、別れさせ屋が工作員に肉体関係を使用させることは管理売春(管理者が売春を実行する者を管理下において組織立って行うこと)に当たる可能性が高く、 日本ではこの管理売春は売春防止法12条で禁止されており、「自己の占有、管理する場所又は指定する場所に居住させ、これに売春をさせることを業とする罪」として刑事罰の対象となり、その場合は当局による摘発が行われるからです。

また、後述しますが民法90条の公序良俗違反となる可能性も高く、法律行為が無効とされる可能性もあります。

肉体関係を使う、と言う別れさせ屋もあるにはあるらしい

肉体関係を使うという会社もあったが……

多くの別れさせ屋は上記の問題点に気付いており、肉体関係を使用することはありませんが、少ないながらも未だに業者の中には、肉体関係による既成事実を用いた別れさせを提案しているところもあるようです。

確かに肉体関係を使用すれば、その事実を明るみにすることで、不貞行為の証明となり、離婚事由の一つにできます。しかしこの手法は前述のとおり、違法なものとなります。

多くの別れさせ屋が肉体関係を使っていない中で、「弊社工作員であれば、肉体関係も用いますよ!」「会社ではなく工作員個人の判断なので違法ではないですよ!」と言われると、より効果がありそうに思えるために、それを理由に依頼をしてしまう方もいらっしゃるようです。 しかし、工作員個人の判断なので違法ではないなどという言い訳が通用する可能性は低く、刑事罰の対象となり、当局による摘発が行われる可能性があるのに、その会社は本当に肉体関係を用いた別れさせ工作を行うのでしょうか。

仮に、実際に肉体関係を用いる別れさせ屋、業者であるならば、法律知識に疎いか、わかっていて肉体関係を用いているかなり危険な業者ということになります。 少なくとも探偵業届出を行っている別れさせ屋の中には存在しないと思います。 やっているとすれば、何でも屋が名乗っているような、探偵業届出を提出していない別れさせ屋でしょう。

過去には、別れさせ屋についてこういった司法判断もあります。

別れさせ屋と肉体関係に関して、参考になる司法判断

別れさせ屋と肉体関係で参考になる司法判断

「肉体関係」有無がアウトとセーフを分けた? 「別れさせ屋」は公序良俗に反するか 司法が示した判断基準

判決では、「(別れさせ屋というサービスについて)倫理的な非難の余地は十分ある」としましたが、対象の女性が独身だった上、工作の過程で性的関係(肉体関係)を持つなどの方法も予定しなかったと指摘し、「実際に関係が終了するかは対象者の意思次第で、業者が別れさせる目的を達成できる可能性が高いともいえない」と判断し、別れさせ屋の契約自体は、公序良俗違反にはならないと結論付けています。

つまり、「工作の過程で性的関係を持つなどの方法も予定しなかったしなかったと指摘」という点が別れさせ屋が肉体関係を用いることの危険性を示しており、別れさせる際に肉体関係を用いると公序良俗違反となる可能性も高いということです。

別れさせ屋が肉体関係を使った場合の大きなリスク

別れさせ屋として大きなダメージを負う行政処分

管理売春に加えて公序良俗違反となれば、探偵業届出を行っている業者の場合、ほぼ確実に営業停止処分となり無収入にもなります。 営業停止の行政処分は、管轄の警察や公安委員会のサイトで3年間掲載もされますので、会社として終わりといえるでしょう。

仮に法的責任を逃れたとしても、肉体関係を用いて不貞行為を作り出し、それを公にすることで別れさせる(離婚させる)とすると、相手から慰謝料を求められる可能性があります。 裁判になった際、浮気・不倫の不貞行為から生じる慰謝料は200万円~300万円と言われております。 つまり、儲けが出るどころか損害が出てしまう金額なのです。

別れさせ屋が肉体関係を用いることによるリスクについておわかりいただけたでしょうか。 「肉体関係を用います」という提案をしてくる別れさせ屋にはくれぐれもご注意いただきたいと思います。

そもそも肉体関係を理由に別れるとは限らない

肉体関係を持ったからといって、それだけで別れに至るとは限りません。

特に夫婦を別れさせる場合に多いのですが、別れることによって不倫相手が得をすると考え、意地でも別れないという選択をする方もいらっしゃいますし、夫はお金を持ってくるだけ、妻は家事をする家政婦、というようなお互いに割り切った夫婦の場合も、相手の浮気や不倫など意に介しないということが多くございます。

対象者の「気持ち」を別れる方向に誘導する、これが別れさせ屋の工作なのです。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved