別れさせ屋コラム 喧嘩を泥沼化させない方法

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

些細な喧嘩を悪化させないために

■別れさせ屋フリーダム所属工作員H

別れさせ屋は「別れさせる」というイメージが一般的に強いと思われますが、実際には弊社フリーダムを含めた多くの別れさせ屋が、真逆の「復縁させる」復縁工作も業務として行っております。 そのため、別れさせ屋フリーダムには復縁に関するご相談やお問い合わせも定期的に寄せられているわけですが、その中には「些細な喧嘩が悪化して、そのまま別れ話に発展してしまった。」「すぐに仲直りできると思ったのに今回はそうではなかった。」というご相談がございます。

別れさせ屋という立場で利益だけを求めるのであれば、「些細な喧嘩が悪化してしまったので復縁工作を依頼したい。」というご相談が増えるのも良いことなのですが、ご依頼者様の立場で考えれば、「些細な喧嘩」を原因として、別れさせ屋に高額な料金を支払うというのは、できればしたくないことでしょう。

そのため今回の別れさせ屋フリーダム工作員コラム第67回は「些細な喧嘩を悪化させないために」というタイトルにて、彼氏や彼女、夫や妻という立場同士で喧嘩をしてしまった場合の注意点を書かせていただきます。

冷却期間の重要性

これは男女の関係に限らず、喧嘩において最も大事なことですが、とにかく「クールダウンする。」「冷却期間を設ける。」ことが大切です。

どうしても喧嘩中や直後は気持ちが昂ってしまっているので、相手の些細な行動にも怒りが再燃しがちですし、正常な判断もしにくくなってしまっています。 そのため、まずは「落ち着こう。」「中断しよう。」「冷静になろう。」と持ち掛け、時間を置くことが必要です。 そうすると、昂っていた気持ちが落ち着いてくると同時に、冷静な判断もできるようになるため、自分の悪かった点などにも気づくことができ、謝るべきことに対しては相手に素直に謝ることができるようになるのです。

些細な喧嘩が別れに至るケースとは

別れさせ屋フリーダムに限ったことではなく、他社のご相談おいても同じだと思われますが、「些細な喧嘩が悪化して別れ話になってしまった。」というご相談の多くは、喧嘩の際に冷却期間が設けられず、売り言葉に買い言葉という状況になってしまい、「勢いでもう別れる、もう出ていくという話になってしまった。」というケースや、怒りのあまり「過去に済んだ話を蒸し返してしまった。」、「本人以外の家族や友人の悪口を言ってしまった、批判をしてしまった。」「相手のどうにもならない容姿に関することを言ってしまった。」というものがほとんどです。

自分に関することは許せても家族や友人に関することは許せないという人や、自分の容姿に対して強いコンプレックスを抱いているという人もいますので、その点については特にご注意いただきたいと思います。

怒りが収まらず冷却期間を作れないという人は……

さて、とにかく「クールダウンする。」「冷却期間を設ける。」といっても、それだけでは「なかなか怒りが収まらない。」という方もいるかもしれません。

そういったときは、今まで付き合ってきた機関で、相手が自分にしてくれたことを思い出してみましょう。 誕生日にプレゼントをくれた、病気のときに看病してくれた、辛い時に傍に居てくれた、などなどです。 相手と過ごした、楽しかった時間を思い出すことによって冷静になることができるでしょう。

冷静になったところで自分に非はなかったのか考える

そして、冷静になったところで何故喧嘩になってしまったのか、自分に悪いところはなかったのか考えてみましょう。 どちらかが一方的に悪いような場合には、なかなか喧嘩にはならないはずです。 喧嘩の原因、そこに至るまでの経緯、自分の言動、どこかに問題はなかったでしょうか。 この確認作業は非常に大切なことで、喧嘩ごとに前述の点を考えることによって、同じ理由を元にした喧嘩が起きにくくなります。 つまり、喧嘩も無駄にならず、別れにくくなっていくということです。

自分の非に気付いたところで素直に謝る

自分の問題点に気付けたら、夫や妻、彼氏や彼女に対して素直に謝りましょう。 問題点を考えず、口先だけで謝ったとしても、それは意外なほどに表情や態度などから相手に伝わってしまいます。 喧嘩は長引けば長引くほどこじれてしまい、お互いに謝りにくく、また許しにくくなってしまいます。 なるべく早いうちに謝罪をし、仲直りしましょう。 とはいえ、自分が折れるだけではストレスが溜まってしまい、また同じ原因で喧嘩になってしまう可能性があります。 相手に直してほしい点があれば、自分の反省を伝え、相手の言い分を聞いた上で、言葉を選んで相手に要望を伝えましょう。

別れさせ屋の料金、復縁工作の料金は高額です

別れさせ屋がこのようなことを言うのもどうかとは思うのですが、些細な喧嘩が悪化して別れ話や別居の話になってしまい、数十万円から数百万円という金額で別れさせ屋に復縁工作を依頼をするようなことは、できれば多くの方が避けたいところでしょう。

今回書かせていただいた、別れさせ屋フリーダム工作員コラム第67回「些細な喧嘩を悪化させないために」を参考にしていただき、些細な喧嘩を発端として関係に決定的な亀裂が入ってしまったり、別れてしまうことのないようにしていただきたいと思います。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved