別れさせ屋コラム ブラックドットキャンペーンとは

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

ブラックドットキャンペーン

■別れさせ屋フリーダム所属工作員M

弊社のような別れさせ屋は正式なパートナーの方からのご依頼で、対象者と浮気相手や不倫相手を別れさせたり、逆に浮気相手や不倫相手の方からのご依頼で夫婦を離婚させるといった別れさせ工作を行っておりますが、実は弊社を含め、別れさせ屋業界の多くの会社はそれ以外にも様々な恋愛工作サービスをご提供しております。

その中には「別れ工作」というサービスもございますが、このサービスは「ご依頼者様と誰かを別れさせる=ご依頼者様が誰かと別れる」ためのサービスとなっております。

別れるという行為は、本来であれば自分自身の判断のみで実行できるものではありますが、別れたい人物がストーカーであったり、DV加害者であるなど、自分自身の力だけでは別れることが難しいケースもあり、そういった被害者の方からのご依頼があるために、別れさせ屋には別れ工作というサービスがあるのです。

近年はストーカー規制法の改正による警察のストーカー対応迅速化や、DV問題に関する政府機関の対応改善などがあり、弊社フリーダムのような別れさせ屋へのご相談は減少傾向にはありますが、それでも様々な事情で別れさせ屋を利用する方はゼロではございません。

そういったことから、別れさせ屋という仕事を続けているとストーカー問題やDV問題にも詳しくなっていくのは必然的なことなのですが、皆様は「ブラックドットキャンペーン」という言葉を何処かで見たり聞いたりしたことがございますでしょうか。 今回の別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム第156回は、ブラックドットキャンペーンについてのお話となります。

ブラックドットキャンペーンとは?

ブラックドットキャンペーンは、とあるイギリス人女性が始めた運動であり、DV被害にあっている人が掌に黒い点を描いてそれを誰かに見せることで、DV加害者に知られることなく助けを求めることができるというものです。

DV被害者はDV加害者への恐怖から誰かに助けを求めることすらできない状況にいる場合がありますし、命の危険を感じるような緊急時でもDV加害者が傍にいることで何も言えないこともございます。 そうした際に言葉で言えずとも、掌に書いたブラックドットによって助けを求められるのです。

その後ブラックドットキャンペーンはソーシャルメディアで世界中に広まり、それと同時にDV被害者が置かれている状況の認知向上にも繋がりました。 しかしながら、広まりすぎたブラックドットキャンペーンは「DV加害者に知られることなく、密かに助けを呼ぶ手段」とは言えなくなっているとも言われております。

ただ、日本においてはこの別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム第156回の執筆時点では、Googleで「ブラックドットキャンペーン」を検索しても7つの日本語サイトしか出てきませんでした。 その内2つはTwitterのハッシュタグとYouTubeでしたので、日本ではそこまで広まっていないのかもしれません。

覚えておくことで誰かをDV被害から助けられるかもしれない

弊社のような別れさせ屋がブラックドットキャンペーンを覚えておくことで助けられるのは仕事とは関係のない知人程度でしょう。 しかし、配送業の方や警察官、市役所などで働いている方はブラックドットキャンペーンを覚えていれば、それによって見知らぬDV被害者の方を救うことができるかもしれません。

内閣府の調査によりますと、女性の約3人に1人は、配偶者からDVを受けたことがあり、約10人に1人は何度も受けていると答えており、男性についても5人に1人が配偶者からの暴力を経験していると答えております。 そして、配偶者から暴力を受けた男性の7割は、誰にも相談していないと答えているのです。 (なお、調査のDVの項目は目に見える「身体的暴行」だけでなく、「心理的攻撃」「経済的圧迫」「性的強要」の4項目となっております)

これに加えて近年問題になっているデートDVの被害を受けている若年層(内閣府の調査は全国20歳以上の男女5,000人が対象)を考えますと、DV被害者の数はおそらくですが皆様のご想像よりも遥かに多く、「街中ですれ違っているのでは」と感じられるのではないでしょうか。

DVの相談は、まずは別れさせ屋ではなく政府機関に

DVに関するコラムを書かせていただく度に、弊社別れさせ屋フリーダムの全コラム担当者が書いていることになるかと思われますが、DV被害に関するご相談は、まずは別れさせ屋ではなく政府機関(市町村のDV相談窓口など)にご相談ください。

政府機関で解決できる問題であれば、わざわざ高額な依頼料金を支払って弊社のような別れさせ屋を利用する必要は一切ございません。 DV被害によって不安になっていたり、焦っていたりする気持ちに漬け込み、政府機関への相談を勧めることなく契約を促してくる別れさせ屋にはくれぐれもご注意ください。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved