別れさせ屋コラム 過去の武勇伝を語る男性

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

昔はワルかったアピールをする男性の心理

■別れさせ屋フリーダム所属工作員S

今回のコラム担当、別れさせ屋フリーダム所属工作員Sは工作員として数多くの男性に出会っていますが、仕事・プライベートを問わず一定数の「昔はワルだった」アピールをする男性に出会います。 こちらをご覧の皆様も、過去のやんちゃ自慢をする男性に出会ったことがあるのではないでしょうか。

コラム第34回はそういった過去のやんちゃ自慢をする男性について、別れさせ屋フリーダムの工作員Sが「昔はワルかったアピールをする男性の心理」という内容でお送りさせていただきたいと思います。 是非、最後までお付き合いください。

過去のやんちゃ自慢という自己アピール

過去のやんちゃ自慢という自己アピールをする男性

まず「過去のやんちゃ自慢」「昔はワルだった」「昔の武勇伝」アピールが何なのかというお話ですが、基本的には多くの女性が分かっているとおり「俺すげーだろ?」「俺かっこいいだろ?」という言葉をオブラートに包んだものです。 (包みきれていませんが……)

正直に申し上げますが、こういった発言をするタイプは別れさせ屋の工作員が最も接近しやすく、かつ工作がしやすいタイプであり、「過去のやんちゃ自慢」「昔はワルだった」「昔の武勇伝」=「俺すげーだろ?」「俺かっこいいだろ?」なので、それに対して「わーすごーい」「かっこいいー」と相槌を打っていればどんどん気分は良くなっていき、モテている、好感触である、これはイケると思い始めて強気の行動に出始めます。

ケンカの話も男性としての魅力アピール

よくケンカをしていた的な話は、「自分は腕力的な力がある」事の表現であり、男性として、他の男性を制圧できる、他の男性よりも優れているというという地位の証明であり、他の男性よりも勇気を持っているという表現なのです。

実際、学生時代や若い頃であればケンカが強いというのは男性としての優秀な基準となる場合もあり、実際に有効性はあります。 また、人間も動物ではありますから、男性の中には、本能的に「腕力の強さ」を女性にアピールしたいという気持ちも備わっています。

遊んでいた話はモテていたというアピール

同様の性質を持つ男性のアピールとしては「昔は遊んでいた」というものもあります。

現状の自分の魅力の補足で、暗に「自分はモテる」「自分はモテていた」という事を女性にアピールしているわけです。

過去は過去、重要なのは現在

しかし、自慢話も過去のことでしかない

しかし、実は「過去のやんちゃ自慢」「昔はワルだった」「昔の武勇伝」、さらに「昔は遊んでいた」アピールをする男性の多くは、「過去にしか誇れるものがない」=「現在の自分に誇れるものがない」というケースも多いのです。

もちろん中には「過去はそうだったけど、今は事業で大成功しているよ」というタイプの男性もいますが、このような発言をする男性の中で、そういうタイプは決して多くありません。

別れさせ屋の工作員として接触する男性についてはある程度の情報があるので分かる場合もあるのですが、稀に、「過去のやんちゃ自慢」「昔はワルだった」「昔の武勇伝」アピールがほとんど嘘であるといったケースすらあります。

分かりやすいものは「昔は遊んでいたよ!」という、暗に「自分はモテていた」アピールであり、現状でモテるような雰囲気が出ていたり、確かにモテていただろうなという雰囲気があるのであれば、このようなことをわざわざ言う必要はありません。

別れさせ屋の工作員としては接近が楽なタイプ

ですので、「現在の自分に誇れるものがない」男性は普段の生活ではあまり認められることがないため承認欲求が強く、「わーすごーい」「かっこいいー」と言葉で具体的に認めてあげることによって承認欲求が満たされます。

人間誰しも自分のことを認めてくれる人間に対しては好意を抱きやすいため、こういった男性は別れさせ屋の工作員が親密な関係を築きやすく、別れさせ屋が非常に工作しやすいタイプであるというわけです。

アピールポイントを間違えている

年齢による魅力的ポイントの変化

しかし、大人になれば、魅力的な男性の指針は知性と教養、経済的基盤や仕事など腕力以外の部分へと変わっていきます。 男性の暴力・腕力の地位は、あれば良いな程度の位置付けであり、それらは女性が魅力的に感じるポイントとしては、決して高い地位ではありません。

もちろん体力的に優秀である男性は、基本的に体力がない男性よりも優位ではありますが、大人の男性の魅力として考える場合には、そこまで魅力として大きいポイントではありません。 昨今ではDV(ドメスティック・バイオレンス)も広く認知されてきており、暴力・腕力のアピールは、逆にそういった不安点、マイナスの印象を女性に与えてしまうこともあります。

そういった理由もあるため、自分のアピールポイントとして「過去のやんちゃ自慢」「昔はワルだった」「昔の武勇伝」アピールをする男性は、女性は強い男に憧れるものという勘違いをしており、女性とのコミュニケーション能力が低いとも言えます。

ストレートに言ってしまえば幼稚で単純、精神的には大人の男性になりきれていないのです。

魅力は自ら語るものではない

このように、男性から「過去のやんちゃ自慢」「昔はワルだった」「昔の武勇伝」、さらに「昔は遊んでいた」アピールをすることは、大人として分別のついている女性相手にはリスクが高いものです。

もしもこちらのページをご覧の男性がいたなら、こういった言葉以外で自分の魅力をアピールできるように気を付けましょう。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved