別れさせ屋コラム 褒め方が上手いと人間関係も円滑

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

日常生活で役立つ相手の褒め方

■別れさせ屋フリーダム所属工作員S

別れさせ屋が行う様々な特殊工作の中では、人間関係を構築していくために「相手(対象者)を褒める」という行為を行うことが多々あります。 これは「褒める」という行為が親密な人間関係を築くために大きな力を発揮する、つまり別れさせ屋が行う様々な特殊工作に有効であるからです。 褒めるということは、「自分はあなたのことを認めていますよ。」と直接伝えることに他ならず、相手に安心感を与えることになります。

『人を動かす』(原題:How to Win Friends and Influence People)の著者として有名であるデール・カーネギーも褒めるという行為の重要性を「人を変える九原則」の「原則1:まず褒める」として同書の中で語っており、褒め上手は人間関係上手とも言えるのです。

そういったことから優秀な別れさせ屋の工作員は当然褒め上手でなければなりませんので、コラム第81回は「日常生活で役立つ相手の褒め方」というタイトルで「褒める」という行為について色々と書かせていただきたいと思います。

褒めるのが下手な人もいる

別れさせ屋の工作員は褒めることが上手いと書きましたが、褒めることが上手な人がいれば、逆に褒めることが下手な人もいます。 こちらのページをご覧になられている方の中には、「褒られているのかバカにされているのか分からない。」と思ってしまったような経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冒頭で「褒めるという行為が親密な人間関係を築くために大きな力を発揮する。」と述べさせていただきましたが、下手な褒め方は逆に人間関係を悪化させてしまうこともあります。 つまり、褒め方が下手な人は、別れさせ屋の工作員には全く向いていないということです。

褒められた人が「褒られているのかバカにされているのか分からない。」とう感想を抱いてしまう原因は、褒められた人が「簡単だと思っていること」「常識だと思っていること」について褒められたり、大したことだとは思っていないことについて、大げさに褒められたと思ってしまうからです。

褒めた側からすれば純粋に凄いと思って褒めていても、受け取る側が「簡単」「常識」と思っていると「褒められた。」と感じず、逆に「バカにされた。」と思ってしまうことがあるということであり、さらに、そういったことを「軽い感じで」言ってしまうと最悪な結果になってしまいます。 文字で表現するとしたら「凄いですね。」と「凄いッスね(笑)」のニュアンスの違いと言いますか、インターネットスラングを使うとしたら「凄いッスねwwwwwww」といった感じです。

褒めた当人は照れ隠しなのかもしれませんが、受け取り側は不快になってしまう場合もあります。 ですので、誰かを褒めるときは軽い感じにはせず、真摯な姿勢で褒めましょう。 相手が逆に恥ずかしくなるくらいでもいいと思います。

他にも、具体的ではない褒め方をするとお世辞に聞こえやすいというものもあります。 「凄いですね。」「カッコいいですね。」など、とりあえず誰にでも言えるような、その人個人を見て言ったと思えないものはお世辞に感じやすくなります。 どこがどう凄いのか、どこがどうカッコいいのかを伝えましょう。

褒める際の注意点

褒める際の注意点ですが、身長や体型、肌の色など身体的特徴については褒めない方が無難です。 言った方が褒め言葉のつもりであったとしても、セクハラと受け取られてしまったり、下心を感じられてしまったり、褒められた人が、褒めた部分に何らかのコンプレックスを抱いている場合があります。

また、他の人と比較しながら褒めることもお勧めできません。 褒められた当人も純粋に喜びにくいですし、比較対象と仲が良い場合にはさらに微妙な反応になってしまいます。

男性と女性、相手が喜ぶ褒め方の違い

ここまで来ると応用編と言った方がよく、日常生活で役立つというよりもプロの別れさせ屋の視点になってしまいますが、男性と女性で相手が喜ぶ褒め方の違いというものもあります。

男性と女性には脳の違いがあると言われており、男性は結果を求め、女性は共感を求めると言われております。 同じことについて褒めるとしても、相手が男性なのか女性なのかを考えて相手が喜ぶ褒め方を選択する必要があるということです。 別れさせ屋の工作員としては、これができるかどうかがプロとして非常に重要な点となります。

例えば何か仕事で大きな業績を挙げた人を褒めるとします。 その際に、男性であれば結果を求めるので「ここまで大きな業績は中々できることではない。」と結果を褒めた方が受けが良く、女性の場合には共感を求めるので「ここまでの業績を挙げるために色々頑張ってたよね。」と過程を褒めたり、苦労に共感したほうが受けが良いということです。

褒め方をマスターして円滑な人間関係を

褒めるという行為は、別れさせ屋のみならず一般社会の人間関係において非常に役立ちます。

親と子、兄と弟、彼氏と彼女、夫と妻、上司と部下、自分と友達など、世の中には様々な人間関係がありますが、相手を上手く褒めることで、どの人間関係も上手くいきやすくなります。 上手な褒め方を学び、円滑な人間関係を作り出していきましょう。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved