別れさせ屋コラム マンネリ化の解消方法など

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

恋愛におけるマンネリ化とは

■別れさせ屋フリーダム所属工作員A

自分としては「そんなつもりはなかった。」「マンネリ化していたとは思わなかった。」と感じていたのに、恋愛のマンネリ化を理由とされて別れることになってしまい、弊社別れさせ屋フリーダムに復縁工作のご相談やご依頼をされる方がいらっしゃいます。

各コラムリンクページの概要欄にも書かせていただきましたが、「マンネリ」とは「マンネリズム(mannerism)」を略した言葉であり、「新鮮味や独創性がないこと」という意味です。

つまり、よく言われる「恋愛におけるマンネリ化」とは「新鮮味を感じることのなくなってしまった恋愛」ということになります。 今回のコラムでは、どういった行為や行動が、相手に「マンネリ化してきたな……」と感じさせてしまいやすいのかということを書かせていただきたいと思います。

恋愛のマンネリ化を感じるとき

まず、どういったときに恋愛におけるマンネリ化を感じるのか考えてみましょう。

最も多いのは「デートをしても楽しく感じることがなくなってしまった。」「一緒にいても楽しい、嬉しいと感じない。」「ドキドキしない。」といったものであり、パートナーと一緒に居ることが苦痛とまではいかないものの、何となく面白くない、退屈、こういった感じが恋愛におけるマンネリ化であり、倦怠期と呼ばれるものです。

他には「相手から連絡が来ても、それに返事をするのが面倒。」「返事をするまでに時間がかかる。」「会話や愛情表現が少なくなる。」といったものが挙げられますが、この「会話や愛情表現が少なくなる。」というものは特に注意が必要です。

男性に多いのですが、恋愛が長くなり、相手への愛情や信頼が深まってくると、パートナーのことを「いちいち言わなくても分かってくれる人」と思い込み、会話や愛情表現が減ってしまうことがあります。 この行為、行動によってパートナーは恋愛のマンネリ化を感じてしまい、関係が悪化してしまったり、別れることになってしまうことがあるのです。

実際に弊社別れさせ屋フリーダムにいただく、男性からの「マンネリ化を別れの理由とされた復縁工作」のご相談やご依頼において、「普段から会話や愛情表現をしていましたか?」といったことについてご質問をさせていただくと、「そういえばあまりしていなかった。」というご回答をいただくことが多くなっております。

恋愛のマンネリ化を解消する方法

恋愛のマンネリ化の原因は、「一緒に居ることが当たり前」と感じてしまっていることによる会話や愛情表現の減少と、「デートや性行為のパターン化」が主な原因です。 この2つの原因が、楽しさや嬉しさ、ドキドキといった、交際当初は今の恋愛にあったはずの大切なものを失わせてしまうのです。

マンネリ化を感じた場合、まず最初にやるべきことは交際当初から今現在に至るまでの恋愛を振り返ってみることです。 「あのときは嬉しかった。」「あのときはドキドキした。」という思い出が蘇ってくるのではないでしょうか。 一緒に居ることが当たり前」になってしまい、パートナーへの気遣いや感謝を忘れていたことに気付けるはずです。

そしてその中で、最近のデートや性行為がパターン化してしまっていたことにも気付くかもしれません。

社会人同士の恋愛の場合、お互い仕事の疲れもあることから、交際が長くなってくるとお互いの家でのデートが増えてしまいがちです。 また、慣れてきたことを良いことに、自分の趣味に相手を付き合わせたりするようなデートが増えてしまっているということもあります。

これがデートのパターン化であり、こうなってしまうとデートの後の性行為もパターン化してしまいがちなのです。

これの解消方法は簡単で、いつもと違うデートをすれば良いのです。 最も良いのは2人で全く知らない土地に旅行に行くことですが、旅行とまではいかなくても、行ったことのない町や行ったことのないお店に行ってみたり、やったことのない体験を2人でやってみることで、新鮮なドキドキを味わうことができます。 会話も増えますので、2人でデートのプランを立ててみるのも良いでしょう。

恋愛のマンネリ化は悪いことではない

多くのカップルが一度は恋愛のマンネリ化や倦怠期を経験します。 これは大半のカップルが交際していく中で、普通にあることなのです。

交際が長くなり、恋愛がマンネリ化していく中で、交際当初は隠されていた相手の嫌な部分も見えてきますし、今後の2人の関係や将来のことを見つめるいい機会にもなります。 あえてお互いに自分1人の時間を増やしてみることで相手の存在がどれほどのものだったのか考え直すこともできます。

ただ、もしも「自分はマンネリ化したとは思っていなかったのに、相手にマンネリ化を理由に別れを告げられてしまった。」ということが起き、そして「どうしても復縁したい。」という場合には、弊社のような復縁工作を行っている別れさせ屋に相談をしてみるのも1つの手段ではあります。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved