別れさせ屋コラム 5W2Hを考えて失敗しない会社選びを

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

別れさせ屋の提案内容は5W2Hで考える

■別れさせ屋フリーダム所属工作員H

今回の別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラムをご覧の皆様は「5W2H」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。 聞いたことがあるという人も、聞いたことはないという人もいるでしょうし、「5W1H」なら知っているという方もいらっしゃるかもしれません。

「5W2H」は、基本となる「5W1H」の「When/いつ」「Where/どこで」「Who/誰が」「What/何を」「Why/何故・何のために」、そして「How/どのように」に、「How Much/いくらで」をプラスしたものとなります。

別れさせ屋に限らず一般的な企業で、良い段取りをするためであったり、良い報連相をするために用いる7つの確認事項とされていますが、この7つの確認事項を別れさせ屋の提案でも確認することで、その別れさせ屋の提案内容の質を判断することができるのです。

まずは提案内容の5Wを考えてみる

先ほども書かせていただきましたが、「5W」とは「When/いつ」「Where/どこで」「Who/誰が」「What/何を」「Why/何故・何のために」となります。

浮気相手や不倫相手を別れさせたいというケースでは対象者がどこの誰か分からないということもありますが、その場合はまずは事前調査の提案で「5W」を考えてみましょう。

別れさせ屋の提案「When/いつ」と「Where/どこで」

まずは「When/いつ」と「Where/どこで」です。

事前調査も特殊恋愛工作もそうなのですが、とにかく調査対象者や工作対象者が出てきて、それを捕まえなければ何もできません。 事前調査であれば対象者が出てきたところを尾行して立ち寄り先や浮気相手を判明させる、特殊恋愛工作であれば対象者が出てきたところで声をかけるなどです。

つまり、提案内容で「When/いつ」「Where/どこで」が具体的でない別れさせ屋は、対象者を捕まえられる可能性がまず低いということになります。

例えば対象者の自宅が分かっており、仕事の休日も分かっていて、休日に浮気相手と会う可能性が高いと考えられるのであれば、「休日に対象者の自宅で朝7時から夜7時まで張り込みを行う。」ということが「When/いつ」「Where/どこで」を備えた提案内容となります。

別れさせ屋の提案「Who/誰が」「What/何を」「Why/何故・何のために」

次に考えるのは「Who/誰が」「What/何を」「Why/何故・何のために」です。

事前調査であれば調査員は何名体制なのか、特殊恋愛工作であれば、どのような年齢と容姿の工作員を何名使うのかということが別れさせ屋の提案における「Who/誰が」となり、事前調査や特殊恋愛工作の方法が「What/何を」、それをどういった目的で何時間行うのかという理由が「Why/何故・何のために」となります。

例えば対象者の勤務先のみが分かっているが、特殊恋愛工作を行うためには自宅を判明させる必要があり、さらに対象者の出退勤の交通手段が分からないケースがあるとします。 この場合、自家用車の可能性と電車の可能性を考えると、調査員1名では車を停めている間に電車に乗られてしまうなど尾行を失敗する可能性が高いでしょう。 出入り口が2か所以上あるようなオフィスビルなどでも調査員1名では見落としの可能性が考えられます。

こういったケースに対する別れさせ屋の提案は、 「対象者は一般的会社員なので(Why)、17時から調査員2名+車両(Who)で対象者を勤務先から尾行します(What)。調査員2名体制なのは尾行の失敗を防ぐため(Why)で、対象者の自宅を判明させて特殊恋愛工作に必要な情報を収集(Why)します。」という提案が「Who/誰が」「What/何を」「Why/何故・何のために」をしっかりと備えていると言えます。

「Why/何故・何のために」が3つありますが、最初の(Why)は事前調査開始時間の理由、2番目の「Why」は調査員2名+車両を使う理由、最後の「Why」は事前調査それ自体を行う理由となります。

別れさせ屋の提案において、使用する調査員や工作員の人数、それを行う時間と目的が明確でない場合、単に依頼料金を上げるためだけに、本来は必要でない人数や時間、作業を増やしているということも考えられます。 何のために何を行う必要があり、それには何人が必要なのかと考えることは重要です。

この点について納得のできる説明がない別れさせ屋には注意が必要でしょう。

別れさせ屋の提案「How/どのように」「How Much/いくらで」

最後に「2H」、「How/どのように」「How Much/いくらで」を考えてみましょう。

先ほどは説明の都合上省いてしまいましたが、例に挙げさせていただいたところでは「調査員2名+車両で」「対象者を勤務先から尾行をする」が「Why/何故・何のために」だけでなく「How/どのように」を兼ねています。 「How/どのように」は非常に重要で、別れさせ屋のサービスで言えば事前調査の方法や特殊恋愛工作の方法の部分です。

ここが具体的でない別れさせ屋の提案とは、「理由も方法も説明できませんが、とにかく成功するのでお任せ下さい!」のようなものです。 大多数の人はそうだと思いますが、このような提案をする別れさせ屋には不安しかありません。

そして本当に最後の部分となる「How Much/いくらで」ですが、ここもかなり重要です。 別れさせ屋の見積もり金額が高い安いという点だけでなく、ここまでに確認した「5W1H」と値段が釣り合っているかということをよくお考えください。

「5W1H」が人数や回数的にかなり充実しているのに、値段がかなり安いという場合には、何故その金額でそこまで充実したプランになっているのかを別れさせ屋に確認したほうが良いでしょう。 納得のできる回答が得られれば、それはその別れさせ屋の企業努力、納得のできる回答が得られなければ、実際には作業を行わない詐欺会社の可能性があります。

5W2Hを考えて失敗しない別れさせ屋選びを

別れさせ屋を利用する方の大半は初めてサービスの利用を検討されている方ですので、どう別れさせ屋を比較したり、選んだらいいのか分からないと思われます。

その際に「5W2H」を意識して提案を精査することで、その別れさせ屋の提案の具体性や信頼性、どこまで考えた上でプランを立てているのかということが判断できます。 相談をした別れさせ屋の提案の良し悪しがよく分からないというときは、是非その提案内容から「5W2H」を考えてみてください。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved