別れさせ屋コラム 探偵の日についてのお話

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム調査員コラム

5月21日は探偵の日

■別れさせ屋フリーダム所属調査員Y

実は、5月21日は「探偵の日」です。 コラム第40回は「5月21日は探偵の日」というタイトルで、別れさせ屋フリーダム所属調査員Yがお送りいたします。

本来はタイミングを合わせてこの別れさせ屋フリーダム工作員・調査員コラムに掲載するつもりだったのですが、都合で遅れてしまい、既に初夏に差し掛かろうとしております。

「探偵の日」とは

5月21日は探偵の日

さて、「探偵の日」ですが、これは1891年(明治24年)5月21日に、初めて日本の新聞に探偵業の広告が掲載されたことが由来となって、社団法人探偵協会の「探偵の日選定委員会」によって制定されたものです。 社団法人探偵協会によりますと、その目的は「社会公共に対し探偵に親しんで頂き、 あらゆる問題解決の力強いパートナーである探偵という職業ををPRする目的」だそうです。

選定の基準につきましては、「日本国内で100%民間資本の日本人が、広く一般大衆に対し探偵調査を請け負う広告を実施した日」というものとなっておりますが、現在ももっと相応しい日附がないかどうか検討中で議論が交わされており、後々5月21日から変更される可能性もあるようです。

議論が終わっていない理由とはしましては、「江戸時代初期の浪人が所在調査等の広告を実施していた古文書がある」とかいう話があったり、「忍者などの諜報機関に所属する者が、軍閥からの雇用を離れれば、探偵の元祖と言えないのか?」という意見があったり、「だとしたら、どこからが軍閥からの雇用を離れたことになり、民衆勢力になるのか?」といった理由があるようです。

探偵業法が制定される以前は、「私は探偵です!」と名乗ればその時点から探偵になれる時代でありました。 さらにそれより遥か昔、江戸時代等まで探偵の源流を探すとなると話が纏まらないのも頷ける話ではございます。

「別れさせ屋の日」はありません

ちなみにですが、「別れさせ屋の日」というものはございません。 また、今回のコラムを書かせていただくにあたり、他にも探偵や別れさせ屋に関係するような「日」はないか、と調べたのですが「国際麻薬乱用撲滅デー」「世界飢餓撲滅デー」はあれど「国際浮気撲滅デー」とか「世界不倫撲滅デー」などといったものは特にございませんでした。

ならば何か今後制定されそうなものはないかと調べましたが……ありました!

2月13日、「愛人の日」です。

「愛人の日」とは

2月13日は愛人の日

これは世界最大の既婚者向けSNS「アシュレイ・マディソン」を運営するAvid Life Media(本社:カナダ)のCEOノエル・バイダーマンが2000年にカナダで実施した調査で、バレンタインデー周辺の日では、2月13日に不倫カップルの密会が集中しているということが分かり、2月13日を「=愛人の日(ミストレス・デー)」と命名したそうです。

なお同社が現在不倫中の日本国内既婚男女を対象としたアンケート調査でも、バレンタインデーの周辺の日に不倫相手に会う日は、「2月13日」が59.8%、「2月14日、仕事後の数時間」が20.6%と、不倫相手とのデート日は、2月13日が約6割を占めていたことそうです。

※調査概要※
期間:2014年1月10日~1月25日、有効回答:「アシュレイ・マディソン」国内既婚会員(女性:6,012人、男性:4,577人)

Avid Life Media社のアンケート結果を基に考えますと、2月13日に浮気調査や不倫調査、別れさせ屋の事前調査を入れておくと、約6割の確率でパートナーの浮気相手や不倫相手が判明させることができるということですね。

別れさせ屋や探偵に調査を依頼するなら、会う確率の高い日を

浮気調査をするなら会う確率の高い日に!

浮気や不倫は確実、でもどこの誰か分からないというケースは非常に多いものです。 弊社別れさせ屋フリーダムへの別れさせ工作に関するご相談でも、「パートナーを浮気相手や不倫相手別れさせたいけど、別れさせたい工作対象者がどこの誰かなのか分からない……」というご相談は定期的に寄せられています。

そういった際には「パートナーが浮気相手や不倫相手に会う確率の高い日」に浮気調査や不倫調査、別れさせ屋であれば工作対象者判明のための事前調査を行うことになります。 「会う確率の高い日」であればあるほど、浮気調査や不倫調査、別れさせ屋の事前調査で空振りが発生する確率は下がり、少ない料金でパートナーが浮気相手や不倫相手を判明させることが可能になります。

2月13日「愛人の日」は「浮気調査の日」「不倫調査の日」ともなりそうです。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved