別れさせ屋コラム 喧嘩を悪化させてしまう一言

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

喧嘩の際に事態を悪化させる言葉

■別れさせ屋フリーダム所属工作員A

皆様こんにちは。 新型コロナウイルスの影響で外出を控えるようになり、家にいる時間が増えて喧嘩も増えてしまった、というカップルや夫婦の方もいるのではないでしょうか。

弊社別れさせ屋フリーダムへのご相談でも、「理由を作って離婚をしたい。」「有利な条件で離婚をしたい。」「子供の親権を確保して離婚したい。」という方からの別れ工作に関するご相談や養育実績工作のご相談、また「ちょっとした切っ掛けで別れを切り出されてしまい、何とか復縁をしたい。」という復縁工作に関するご相談も増えてきております。

前者は「別れ」後者は「復縁」ですが、「別れたい」「別れてしまった」という見方ではどちらも別れの問題です。 別れを切り出された側は急に別れが訪れたように感じることもありますが、カップルや夫婦などの異性だけでなく同性の友人関係においても、大抵は相手に何らかのストレスなどが積み重なった結果として別れが訪れています。

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム第115回は、口喧嘩などの際に事態を悪化させる言葉、相手にストレスを感じさせてしまいやすい言葉について書かせていただきます。 特に親しい関係にあるほど言ってしまいやすい言葉もありますので、「今のパートナーや友人と別れたくない!」という方は、是非そういった言葉にご注意いただきたいと思います。

「何で?」「どうして?」「何で出来ないの?」

まずは「何で?」「どうして?」「何で出来ないの?」といった言葉です。 これはカップルや夫婦だけでなく、親から子供であったり、職場においても上司から部下への叱責でよくある言葉なのですが、疑問形でありながらも、実際には相手側に答える余地がほとんどなく、ただ一方的に責めているだけになりやすい言葉です。

そのため言われた相手は萎縮するばかりでストレスを貯めることになってしまいます。 相手の成長を促したいのであれば言葉を選びましょう。

「ちゃんとして!」「しっかりしてよ!」「きちんとしなさい!」

これもカップルや夫婦だけでなく、親から子供の間で言ってしまいやすい言葉なのですが、この言葉の問題は、言われた本人は「ちゃんとしてるつもり」「しっかりしてるつもり」「きちんとしてるつもり」ということがあり、結果として「何で怒られているのか分からない。」となり、繰り返しストレスを貯めてしまうことに繋がることがあります。

相手にやってほしいことは具体的に、分かりやすく伝えましょう。

「前から言おうと思ってたことなんだけど。」

何度も相手に同じことをされると「前から言おうと思ってたことなんだけど。」と言いたくなってしまいます。 積み重なったストレスがある、溜まりに溜まっている、怒りを強調したい、とてもよく分かります。

しかし、話を過去に遡らせてしまうと現在の喧嘩の火種が過去の過ぎ去った出来事にまで延焼してしまい、怒りも過去に遡って収集が付かなくなってしまいます。 怒りは今現在のことに留め、大きく広げてしまうことのないようにしましょう。

過去にはこの言葉が切っ掛けで、「だったらさっさと言えよ!」「そんなに長い事気に入らなかったならもう別れよう。」という事態に陥り、弊社別れさせ屋フリーダムに復縁工作のご相談をしてきたという方もいらっしゃいます。

「絶対」「必ず」「いつも」

「絶対」「必ず」「いつも」、この言葉に共通するものは、「100パーセント」という強い意味合いです。 そのため相手は反感を持ちやすく、「絶対じゃない!」「必ずじゃない!」「いつもじゃない!」と言い返してくる可能性の高い言葉です。 これを言ってしまった時点で相手と喧嘩になる可能性の高い言葉と言ってもいいでしょう。

また、この「絶対」「必ず」「いつも」と先ほどの「前から言おうと思ってたことなんだけど。」は冒頭でも少し触れた「付き合いが長く、親しいほど言ってしまいやすい。」という言葉です。 別れさせ屋に復縁工作を依頼する原因になってしまう可能性すらある言葉ですので、くれぐれも注意しましょう。

言葉に気を付けましょう

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム第115回「喧嘩の際に事態を悪化させる言葉」は以上となります。

恋愛や友人関係も、長い付き合いになると大抵は数回の喧嘩をすることになります。 その喧嘩を悪化させて関係に決定的な亀裂を入れないためには、喧嘩の際にも言葉を選ぶことが重要です。 「売り言葉に買い言葉」ということわざもあるとおり、「喧嘩を売る言葉」そして「喧嘩を買う言葉」というものが存在します。

くれぐれも彼や彼女、夫や妻などパートナーへの言葉に気を付けて、別れ工作や復縁工作で別れさせ屋を利用するようなことにならないようにしましょう。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved